慣らし保育5、6日目・園でのようす

 

元気に登園!というわけにはまだまだいかず、涙の慣らし保育は続く。

もう朝から嫌がるようになりました。

家の下で泣き、保育園の前で立ち止まって泣き、部屋の前で泣き、先生に挨拶されては泣き。

なんとか預けて、朝の大イベント終了。

これ毎日続くんだよなぁ、とちょっと遠い目をしてしまいます。

早く慣れて楽しんで通ってくれることを、切に、切に願う…

私はその間何をしているのかというと

 

このサイクルを3週くらいするので、精神が忙しい。

 

この日の双子のようすを、先生が連絡帳につけてくれました。

 

 

 

9時-15時、お昼と午睡を挟んだ保育でした。

お迎えの時には、朝の泣きっぷりがうそのようにケロリ。

「そとであそんだ、たのしかった」とのこと。

当たり前だけれど、保育時間が長い方が家(母)のことも忘れていられるので、順応も早いですね。

 

それにしても、先生って…。

あの人数を抱えながら(先生2人、こども12人?)ちゃんと一人ひとりの様子をみて、

丁寧に連絡帳までつけるなんてすごい、すごすぎる。

 

Advertisement